2019/01/20(日) 間伐作業、初の作業体験会、共に応援・応募を得てモチベーションも上昇

投稿日: 更新日:

   天候 晴  参加者 会員17名/応援1名/作業体験1名
 昨日までの朝方の冷え込みも今朝は和らぎ、風も無く快晴で陽射しが温かい。加えて今年初の日曜作業日で会員の出足もよく、なかなか参加できなかった最年少会員、定例作業初お目見えのベテラン会員の出席もあって久々に賑わいだ活動日となった。 
今日も近隣の崖線樹林で保全活動をしている「カニ山の会」から応援に来てもらった。 午後からは初の試み「作業体験」への応募参加者を迎え作業にも一段と熱が入った。

 作業は、B地区南境界の粗朶垣補修班とA地区の間伐班に分かれて進められた。 A地区で新たに出る伐採枝も粗朶垣の近くに運ばれる。山積みされた伐採枝は鋸、太枝鋏、剪定鋏で太さ別に分けて、太いものを下に葉枝を上に丁寧に積み重ねられて行った。 垣を補修し枝の山が無くなったエリアは「落ち葉かき」も進み、葉の陰から蕗の薹の芽も見つかった。体験参加者にも参加してもらい今日一日で計画の半分ほどの補修を済ませることが出来た。

 間伐班は先ず丘の北側、通路際のエノキの伐採から開始。まず枝を下ろし重心方向に牽引ロープも張って伐倒、係り木になったが無事処理完了。

次いで伐倒前に枝を払っておいたエノキ2本の伐倒に掛かる。一本は応援参加者に鋸仕事を任せる。 地際ながら尺近い樹径の伐倒は初めてとあって山仕事のベテランの手ほどきを受けながら、汗を拭き拭き最後まで挽き切ってもらった。
午後からは鋸隊全員で、あか道のフェンス際、近接するヤマザクラと枝が交錯し、路上に枝を張り出したエノキの伐採に掛かった。 これこそまず枝を払わないと倒せない代物、樹上の枝伐り作業は危険な樹上作業になるので、作業者は常用の胴綱に加えてメインロープを締結しビレイをとった。 またフェンス上への伐り枝の落下を防ぐため”吊りロープ”でコントロールした。 樹上とフェンスの内外に分れ、指揮者の合図のもと息を合わせて分担作業は進み、目論見通り枝を通路上に下ろし枝払いを終了したところで今日の作業は時間切れ、次回以降、丸裸状態になった幹を伐倒処理することにした。

 だいぶ陽が伸びたとはいえ3時となると陽射しも衰え汗もひいて肌寒さを感じる、こんな時風邪をひくんだとか。身体を冷やさないように気をつけましょう。 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中