2019/02/17(日) 15m級のシラカシの枝降ろし・剪定 & 落ち葉掻き開始

投稿日: 更新日:

   定例活動 天候 晴/曇 参加者19名+応援1名 見学・体験参加者3名
梅の花もほころび始め春はもうすぐ近くに、とはいえ朝の空気はまだまだ冷たい。
今日は通常日程だと例会の行われる日でもあって会員の参加者が多く、カニ山からの応援に加えて、会員募集を知って見学にみえる方、作業体験にみえる方の参加もあって森は近頃稀にみる賑わいだった。
 本日の作業は、造園業の富さんが剪定の指導に来てくれるのでメインは常緑樹の剪定作業とし、並行して遅れている「落ち葉かき」作業を開始すること、作業体験参加者の対応等を確認し森に向かう。
 前回はC地区北バス道路側常緑樹帯の小さめな常緑樹種(ヒメユズリハ)の剪定を実施したが、今日はC地区西南部、森の造成前からの残置木で、15m超クラスの威容に成長して周囲を圧して来たシラカシ3本の枝降ろしと剪定をすることになった。
大枝を縫って2段梯子を差し入れ樹上で枝を透き、枯損枝を処理。 一方下からは高枝鋸で無駄な枝を切落し、脚立と高枝鋏を使って広がった枝先を坊主にならないよう注意して切り詰め処理した。
 剪定枝の片付けも今日は人手が多く、利用材と廃棄物に切り分けられ、大量の枝葉は手際よく廃棄場に搬出された。
 女性陣の一部は、A地区中央丘の落ち葉掻きを実施、みるみるうちに落ち葉の小山が積み上がり、午後には作業体験や見学の方を迎え、森の案内に次いで、落ち葉掻き作業と、粗朶垣つくりを体験して頂いた。

 作業終了後のひと時、会長から見学・体験に参加した3名の方々が入会して頂けることになったとの報告が行われ、其々の自己紹介を参加者全員の拍手で歓迎しました。  「お互いに無理することなく、楽しくやって行きましょう」

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中