2019/02/23(土) 憩いの木陰・大ケヤキの枯枝切り落し アラカシ剪定& 落ち葉かき

投稿日: 更新日:

   定例活動   天候 晴   参加者 19名+応援1名
南岸低気圧の通過で適度のお湿りを期待したが、予報に反してちょこっと小雨が降っただけ。 今日も冬晴れ、3月中ごろの気温に上昇し、昼頃から強くなってきた北風が乾いた土と落ち葉を巻き上げていた。

 今日の作業、男性陣はB地区(南区域)北ゲート正面の常緑樹(アラカシ)の剪定、女性陣はB地区の落ち葉かきとし適宜剪定枝の搬出をする事にした。 その前に、猛暑の時季、憩いのひとときを提供してくれるケヤキの大樹の枯枝を切り落すことになった。 枝だけのケヤキを見上げると、結構あちらこちらに枯れて今にも落ちて来そうな枯損枝がある、梯子に登り手鋸でまた高枝鋸でこれらを切り落した。
ひとまずこれで安心して弁当を開くことが出来る、 かな。
 次いで周囲のアラカシの剪定に掛かる。 数年前剪定した樹も、奔放に伸びた枝が密集し枯れも出て来ている、梯子を差して中にもぐり込み枝を透き、高枝鋸、鋏で枝先を整え3本のアラカシを剪定、見違えるほどすっきりした。
 その他、切り口から枯れが進み幹が侵されたウワミズザクラ、枯れたアカマツの枝を切り詰めた。
今日の落ち葉掻きは、女性陣総動員でB地区北(あか道側)を重点的に実施。 剪定枝、枯損枝の搬出・廃棄も積極的に分担して頂き、剪定作業も順調に進んだ。
 西調布の農家さんから移植し初めて迎えた昨春、B地区に植えた里ザクラ(雅、寒桜)は、開花が見れなかったばかりか、枯れが進行し心配されていたが、根元付近から出た枝が成長し発芽が着実に進んでいる、開花が楽しみだ。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中