2019/04/09(火) オオアマナ掘り取り除去、常緑樹3本剪定

投稿日: 更新日:

   定例活動  天候  晴  参加者 20名
 サクラが散り始めるこの時期は、緑の様相が劇的に変貌する時期だ。 この一週間で木々の芽吹きが一斉に進み、一気に森も春景色に変わってきた。

 今日の作業は、侵入著しいオオアマナ退治と、北区域のやり残っているシラカシなど常緑樹の剪定作業とし森に向かった。

 女性陣がB地区のオオアマナ掘り取りを開始して間もなく、「撮り鳥」の一団が長筒レンズを付けたカメラを抱えてやって来た。 何やら珍鳥を追って移動して来たとか。 三脚にカメラをセットして出現を待ち構えているようなので、探鳥の邪魔にならないようにA地区に移り作業を続行した。 作業の合間にアケビやイロハモミジの花を観察したり、アケビの結実を狙って異株の苗を移植したそうだ。
男性陣はバス通り際のシラカシ、スダジイの剪定作業。 樹上で枝を切り落す、枝払いする、廃枝を廃棄する、組に分かれ作業開始。 造園業の富さんが途中から参加、梢の切り詰めや大枝の切り落としを指示されると一気に作業が進んだ。
 A地区北斜面のオオヤマザクラは日陰のせいで以前から生育が遅く元気がない。 富さんの指導で、この桜については葉の茂る雨期に根回しし、落葉後日向に移植することになった。 樹高は7m程度だが樹齢は古いので根はかなり張っていそうだ。 大変だが遣り甲斐のある作業になりそうで楽しみだ。 今日のところは隣接のサワラの枝打ちをしておいた。

 日曜日14日は春のイベントがある、子どもが森を走り回るので危険の無いよう全員で後片付けをして終了した。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中