2019/07/09(火) クズの根っ子 掘り取りに挑戦❢

投稿日: 更新日:

  定例活動   天候   曇   参加者  12名
 北の高気圧の影響下に入り、ここ数日朝晩は肌寒いくらいだ。  昨日は雲間から少し薄日が漏れる程度の陽射しがあったのだが、残念今日も朝からどんよりとした雲に覆われ、今にもポツリと降り出しそうな梅雨空が広がっている。
 先週の臨時活動日で草刈り作業は終了した。 今日は刈払った刈り草の処理残りを片付けて、全員で越境侵入し22森内で蔓延っているクズ(葛)の根っこを掘り取りすることになった。

B地区南東境界から侵入して来るクズとの戦いは、22森の創成期から、繰り返された。 そんな若かりし武勇伝や、花は綺麗なんだけどね蔓延ると手に負えないし、など話しながら、全員でクズ根の掘り取りに掛かった。
 刈払機で根際で刈り込んだエリアで、刈り飛ばされた根株からはすでに新しい蔓葉が出ており、 目印をした根株20ヵ所余を、其々獲物で掘り進めた。 
 蔓から根を下ろしたばかりの新しい根は簡単に抜ける、古い根っ子は、地面から数cmも掘ると2cm強の太い根が現われる。
浅く横方向に延びる根は2m余あっても掘り取れるが、深さ方向に伸びた根は、立て鍬で6、70cm掘っても、毛根も無い、のっぺりした太い根が更に深くへ延びキリがなさそうだ。 7月というのに気温は20℃そこそこだが、蒸してるせいか、汗が滴り落ち息も上がって来た。  
 山芋みたいな美味しいものが出て来るなら頑張り甲斐もあるが、掘り取っても”ただの根っ子”、ここらで根を切れば暫らくは大人しくしてるだろう、と衆議一致。
深いところを立て鍬で伐りに掛かったがこれが曲者で、柔らかいのに鍬の刃では切れず、手を伸ばし鋏で切った。 繊維質のギッチリ詰まったタコ糸の束の様だった。 
 みな結構夢中、久しぶりの土いじり、穴掘り作業に熱中し、目に付く根っ子はほぼ退治できたと思う。 次はもっと攻め易くなったことは確かだ。

 所用で昼で帰る人が多いので、クズ根の掘り取りと片付け作業が終った午前中で今日の活動は終了する事になった。
 散会時、C地区正門西側の草刈りの済んだ林床で、際だって成長が目立つヤブガラシが気になるから、午後はヤブガラシの引き抜き作業をしたかった、という強い提言があり、午後は残った有志7名で、ヤブガラシの引き抜き作業を実施した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中