2019/08/29(木) ぶり返しの暑さの中、穴掘り、草刈りに汗を流す

投稿日: 更新日:

  定例活動&ニュースレター印刷  天候  晴  参加者  13名
 やっと涼しくなって来たなぁと思ったのも束の間、ここ2、3日の暑さは、涼しさの快さを覚えた身体には骨身にこたえる。
 ニュースレター班を残して森に移動したメンバーは、8月1日掘り始めたまま仕掛かりになっていた「刈り草」の投棄穴を掘り進める事にした。 刈り草用だと従来1m以上の深さまで掘ったが、メンバーの体力も考え浅くて広い「落ち葉」用(カブトムシ幼虫用)に変更し、刈り草は共用廃棄場へ投棄することを徹底する事にした。 
 穴に入って掘る係り、掘り土の山を平らげる係りに分かれ交替で進める。 雨で湿った土は重く、べったり張り付く土でスコップはますます重くなる。 へばり付いた泥を剥がしたスコップを手渡されると、如何に無駄なエネルギーを費やしたのかガッカリする程軽くなる。 

お昼まで頑張って何とか完成、縄張りの杭を立てて終了した。

 ニュースレター発送班は、黒トナー交換のエラーで中断、予備も欠品で中原さんに残り印刷と郵送をお願いすることになったそうで遅れて到着。 女性陣は、草刈り後1ヶ月余過ぎ再び草ジャングルになってきたB地区第3期択伐エリアの、保護草本エリア、及び移植低幼木の周囲の草刈りを行った。 炎天下の陽射しはジリジリと夏よりも辛い。 
 Iさん、Sさんは更衣室の整理棚作成に残る。 涼しくなって来て材料採りも終わり、いよいよ組立も佳境に
 そういえばA地区でリヤカー引いている代表の姿を見た。  穴掘りに夢中で、代表が何をやってたのか気が回らなかった。 散会後見に行くとトンボ池の縄張りの内側がきれいに草刈りされていた。 今朝、池の水抜け補修について、泥さらいして泥に生えたキショウブなんかも抜かなきゃならないなんて、話しをしたっけ。 それだトンボ池対策もう始まったんだ。

今日も作業は半日として、昼で散会することになった

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中