2019/09/26(木) 移殖予定のアオハダ2本の「根回し」を実施

投稿日: 更新日:

定例活動&ニュースレター印刷・郵送  天候 晴  参加者 9名
今日はアオハダの根回しを予定している。 年明け2月頃、日なたに移植する計画で進めているが、根回しの時期としてはギリギリ遅いので、どうあっても今日済ませたかった。 幸い天気は良好、少しでも能率を上げたいので剣先スコップ、立鍬、鍬と、関連用具を引っ張りだし、グラインダーで刃立ても済ませた。 あとは労力だが、今日は出足はいまいちだが、掘り手はなんとか揃ったので予定通り決行することにした。

 オオヤマザクラで実地指導して貰ったので作業の流れは分かっているが、さて出来るか。 森に移動し、早速「根回し」作業に取り掛かった。 まず根鉢の大きさをけがき、環状に掘り進むと、やはり安全を見込み過ぎてか、大き過ぎる。 これじゃ掘り取りで持ち上がらないぞ。 と鉢径を削って・・太目の横根を残し・・細い根は鋏で綺麗に切り・・残した根の形成層を鉢の際から剥ぎ取り・・鉢の底の根も切れるものは切り中心に向かって削る・・・とおさらいしながら進めた。
さて埋め戻す段になって、給水栓から遠過ぎてホースが届かず、20ℓのポリタンでピストン輸送するのだが、これがきつい仕事になった。 それでも何とか2ヶ所の根回しを無事完了。  やれることはやった、あとは見事に細根が生えて、移植先で着実に根付くことを祈るのみの心境だ。
B地区園路際のムラサキシキブは15号台風で倒伏したのに、人為的に立て戻されていた。 ところが17号の風でまたも倒され、またも立て戻されていた。 立ってはいるが根元が緩んでぐらぐらしているので、根切れしてるだろうし伐るしかないと考えていた。
しかしよく見ると、15号台風から半月以上経つのに、枝に青々と付いた葉は活き活きしていた。 根がダメージを受けている様にはとても感じられないので、暫らく様子を見ることにし、3本支柱で幹を補強し水遣りして置いた。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中