2019/12/08(日) 第20回 森で遊ぼう「もみじまつり」

投稿日: 更新日:

   天候  晴    参加者 22名 [一般79名(うち子供43名)]

 

 前日は、この冬一番の冷え込みで雨模様、もしかすると雪が降るかもとの予報。
本番当日は天気回復しそうだが、子供たちも楽しみにしている落ち葉遊びも、葉っぱが湿っちゃったら楽しさ半減。 葉っぱを濡らさないで・・・そんな気持ちが届いたのか、雨雲が神代上空を避けてくれたようだ。

 明けて今朝は明け方から快晴、今や盛りの黄葉、紅葉の木々の葉が朝日に照り輝いていた。 段取りに手間取り開始定刻10時を少し過ぎたが、代表の開会挨拶で祭りが始った。

 今回もスタートは落ち葉集め、森の南端の落ち葉溜めを目指し、子供集団が大きなビニール袋を手に手に落ち葉を集めながら移動して行く。 プールに葉っぱを空けてはまた集めに森に散ってゆく。 「そんなもんかな、じゃ始めましょう、並んで」の合図で直ぐに行列ができ、次々落ち葉のマットに走り込んで行く。
お母さんに手を繋いでもらって走り込む女児が居れば、ダイビングしたり、泳いだり、する
子も出て来る・・・ 

今年は活動系の出し物として「丸太切り」TimeTrialを企画した。 
落ち葉プールで暴れまくった男の子達が走って戻って来て、まだ大半の参加者が落ち葉プール方面に居るのに「もう切っていいですか」と行列を作り始めた。
もう少し待ってルールを説明して
一斉に始めたいが、待ち時間が膨らみクラフトの時間を圧迫しそうなので、先着順に遂次スタートとなった。 タイムトライアルにはならなかったが、男も女も、小学児も園児も、其々に全力で頑張っていた。 途中で手を休め腰を伸ばして疲れたなんて大人びたこという子、随分と頑張ってるのに半分も切れず、見かねた親の援助の手を「独りでやる」って断る子、遅い子も、早い子も、みんな最後まで挽き切った顔は一様に嬉しそうだった。 切取った木端を記念に持ち帰ってもらった。
お父さんにも伐ってもらったが、
もっと多くの大人にも挑戦してもらいたかった。 次回はもっと工夫してみよう。
 丸太切りの開始の後、「森のクラフト」も店開き。
竹トンボ以来毎年工作企画を出してくれる鈴さん、今年のテーマはは「輪ゴム銃」。 割り箸でちょちょいと作る様なものじゃない、売り物になる様な組み立てキットだ。 勿論大人気、作り終わると射的も用意されていて、スタッフは輪ゴムの回収で大変だ。
 今年も葉っぱスタンプ、木の実、枝、葉っぱの置き物(用意した木端の敷台が足りず、丸太切り班に催促)も出店、どこも好評だったようだ。
12時、最後まで輪ゴムの射的で遊んでいた子たちに、的のカード立も持ち帰っ
て貰って終了した。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中