2019/12/15(日) シラカシを3本剪定。 B地区東部、樫の木(ブナ科常緑高木)の整枝剪定終わる

投稿日: 更新日:

  定例活動  天候  晴   参加者  20名
 第6期「森の若返り計画」作業が遅れているなか、常緑高木の選定作業を指導して貰っている富さんの日程と合わせるため、今日予定の12月定例会は中止し、全員で剪定関係作業に当たることにした。
 今日の樹上作業は、辺さんと、自前のハーネス、ランヤードを持参した若手の北くん。 例の通り地上の富さんの指示で作業が進む。 さすが経験の長い辺さん、作業の要点を飲み込んで来たようで指示を即座に理解して処理し、指示待ちの間も自分の判断で出来る事を見つけて進めている。
 北くんはランヤードを適切に使って、若い分矢張り身軽、離れた枝先を余裕で処理していた。 午前中でぎりぎり2本終わった、常緑樹は剪定といえど枝葉の量が多い、滞りなく搬出作業を担ってくれた女性陣にも疲労の色が見えるが、残り1本も今日中に片付けることを確認して昼休みに。
 午後は北くんが樹上に、辺さんは、富さんの指示が聞こえ、樹上の作業状態が見える少し離れた位置で進め方をジーと観察しているようだった。 
 残りの鋸組は、切り落された枝の処理。 
枝を樹の下から引きずり出し仕分けした上で、輸送班が遅滞なく搬出、廃棄できるように運び易い、捨て易い姿に処理し、合間を見計らって千切れ落ちた小枝や葉を
フゴ袋に拾い集めた。 不安定な態勢で普段使わない筋肉を使う樹上作業も疲れたが、地上での剪定枝の処理作業もかなりハードだった。

 一通り剪定が終わったのは2時半を回っていた。 陽が傾き風も冷たくなって来るなか、急いで道具を片付け3時頃散会した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中