2020/01/07(火) 伐採予定木の枝を降ろす

投稿日: 更新日:

 定例活動  天候  曇り   参加者  15名

   新年、明けましておめでとうございます。
           本年もよろしくお願い申し上げます。

 穏やかな晴れ間が続いた正月も、今日は朝から雲が広がり天気は下り坂。 
2020年活動の幕開けだ、何とか一日持って欲しい。
「第6期森の若返り」対策の、間伐、剪定、移植を、この1,2月に済ませるために、剪定の指導をお願いしている富さんの都合のつかない日は、間伐予定木の枝払いを進めなければならないので、今日は「枝払い」を優先して進めることにした。
今年初の朝礼、「初仕事、ケガなどしないよう無理はしない、体が慣れていないし寒い、天気も怪しいので今日の作業は午前中で終わりにしましょう。」 とみなで挨拶して森に向かう。
 鋸組は、早速伐採予定木に二段梯子をかけ、周囲の中低木を傷めないようロープを使うなど注意して枝を切り落とし、落とした枝は利用材と廃棄枝に仕分けする。 注意はしても制御できず低木に覆い被さることも、ヤマツツジの上にもろに落ちた時は「これはやばい」と思ったが落ちた状態で解体できたのでさほど傷めずに済んだ。 枝を張ったまま伐倒した時の周囲の被災に比べれば、多少枝を折るくらいで済んでよかった。 仕分けた小枝、利用材は、それぞれの置き場に搬送してもらった。
 枝払い、その搬送作業以外のメンバーは、手付かずのB地区の落ち葉かきを開始、改修したB地区北の落葉ダメ、西の昨年掘った廃棄穴に投棄した。
また園路で
腐敗しボロボロになっている個所の横木を回収し廃棄。 新しい材に置き換えた。
 ちょうど昼頃、三本のコナラの枝払いが終わり、園路横木の改修も一段落。 今日の作業を終了することにして用具を片付け、其々用意してきた弁当を開いて昼食をとり解散した。


  昼食中、くだんのモズ(22森の主と呼んでいる)がすぐ近くの小枝に止まって「今年もよろしく」とこちらを窺うように小首を振っていた。
自転車での岐路、雨粒がジャンパーを叩き始めた、予想が当たったようだ。 雪雲のような重たい雲だ風が冷たい、
2020_01作業体験

次回活動日は、
1月15日(水)になります。
「森の若返り」作業期間中の
臨時活動日です。

次の定例活動日は、
1月19日(日)で
午前中は1月度定例会
午後は定例作業で
森づくり体験会を開催します。

 

森づくりやボランティアに
興味ある方は
奮って参加ください。

体験会チラシ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中