2020/01/25(土) コナラ、ヤマザクラ伐採、C地区南西角のアズマネザサエリア整備

投稿日: 更新日:

 定例活動&作業体験会  天候 曇   参加者 12名 体験参加者1名

 いかに暖冬だとはいえ冬の朝はやっぱり寒い、春夏と比べると明らかに参加者の出足が鈍い。 今朝も森に向かう刻限で集まったのは男5女1の6名。 現地に何人直行するか分からないが、ともかく枝降ろしの済んだ木の伐採を進めることくらいはできるので準備して森に向かった。
前回の失敗をふりかえり、今回はツルをしっかり取ることと、牽引は伐倒方向だけとしてロープで牽引でして、引き倒すことにした。 殆ど狙い通りに伐倒しコナラはシイタケのホダ木用に90㎝に切断、その他は運べる大きさに玉切りし、伐倒僕の処分を済ませた。
鋸組以外のメンバーは集まった順にA/C地区の丘の落ち葉かきを開始し、11時ころからはC地区南西角のアズマネザサ群落の刈り込み作業に移った。
毎日のように観ているせいで気にお留めなかったが、思いのほか群落の成長(密度、広さ、高さ)が急速で、よそ目には異様なエリアに見えたらしい。 広がるに任せていたササを群落の周囲1mくらいを目途に刈り込み、切り株は鋏を使って地際で刈り取った。 藪に半身を突っ込んで刈り込んでいると、くだんの森の主(百舌鳥)が、手が届くほどすぐ傍まで寄って来て虫を啄んでいたそうで、22もりの「ニモ」と呼ぶことになったとか、さて・・・  鋸組は、粗朶垣の縦杭を作成し、今回の伐採で出た粗朶を使って、先回撤去した古い粗朶垣の改修を進めた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中