2020/02/11(火) 先々期植菌し井桁積みしてあったたシイタケ原木を本伏せ立て込み

投稿日: 更新日:

    定例活動    天候  晴    参加者  15名
今日は祝祭日、植物園は梅の見ごろなのだろう、絶好の日和に誘われて隣の駐車場は一杯だ。 深大寺に向かう家族ずれやカップルが作業に励む私たちを見ながら通り過ぎて行った。  森は相変わらずの冬枯れ風景だがウメとマンサクの花がほころび始めている。

  今日、鋸組は、
①1/25に伐倒し、枝払いは終わっているが幹が太いので処分ヲ保留していた、B11のケエゾヤマザクラを玉伐りし片付ける。
②C07アズマネザサの刈り込みで露わになった未処分の貯留木を廃棄搬送できる大きさに玉切りする。
③今期のシイタケ栽培用ホダ木を選別仕分けする。
④井桁積み状態のままになっている、先々期植菌した原木を本伏せ場所を決め、整備し立て込みをする。
女性陣は、
B地区中央部、吹き寄せられて積もった落ち葉をかき集めて落ち葉溜めへ。
B地区南境界部の粗朶垣、西から順次柱杭を更新、垣の幅を狭い寸法に統一改修する作業を開始。
落ち葉かきのメンバーはC地区、廃棄材の玉伐りの助っ人に参加、太径の玉伐りに挑戦した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中