作業報告

2019/04/21(日) 公園通り沿い常緑樹帯の剪定作業終了。 オオアマナ駆除・B地区を済ませA/C地区へ

投稿日: 更新日:

   定例活動  天候  晴  参加者 18名

 たった一週間で森の様相は一変した。 14日のイベントのとき、森は薄黄緑のぼんやりした感じだった。 冬枯れの枝に薄黄色の綿が着いたようだった若葉が、黄緑の葉を展開し木漏れ陽に緑がキラキラ輝いていた、まだらに土も見えていた林床はいつの間にかスギナの緑に覆われてしまっていた。 たった数日でこれほど変わるものなのか、改めて驚くばかりだ。

 こんな時期では遅いかもしれないが、今日も富さんに来て頂いてやり残った常緑樹の剪定作業に区切りを付ける事になった。 男性陣は、木に登って枝を切る、剪定枝を仕分ける、廃棄枝の片付ける作業に分担し、残った大物二本スダジイとシラカシの剪定を完了した。
 午後はC地区東側境界、造成以前から植えられていたエノキ、ムクノキが太径・高木化しA地区中央丘の東斜面の日照を妨げている。 公園に伐採を依頼しているが実施目途が立たないので自力で対処することになった。今日は取り敢えず西側に張り出した枝を樹上での手鋸作業と地上から高枝切鋸で伐り落した。
 女性陣は、オオアマナの抜き取り作業。 昨年まではA・C地区で大繁殖、B地区では殆ど見掛けなかったが、今年はB地区も第3期択伐エリアを中心に南側区域に万遍なく侵入してきている感じだ。 今日は、B地区を終わり、A・C地区を実施した。
広告

2019/04/09(火) オオアマナ掘り取り除去、常緑樹3本剪定

投稿日: 更新日:

   定例活動  天候  晴  参加者 20名
 サクラが散り始めるこの時期は、緑の様相が劇的に変貌する時期だ。 この一週間で木々の芽吹きが一斉に進み、一気に森も春景色に変わってきた。

 今日の作業は、侵入著しいオオアマナ退治と、北区域のやり残っているシラカシなど常緑樹の剪定作業とし森に向かった。

 女性陣がB地区のオオアマナ掘り取りを開始して間もなく、「撮り鳥」の一団が長筒レンズを付けたカメラを抱えてやって来た。 何やら珍鳥を追って移動して来たとか。 三脚にカメラをセットして出現を待ち構えているようなので、探鳥の邪魔にならないようにA地区に移り作業を続行した。 作業の合間にアケビやイロハモミジの花を観察したり、アケビの結実を狙って異株の苗を移植したそうだ。
男性陣はバス通り際のシラカシ、スダジイの剪定作業。 樹上で枝を切り落す、枝払いする、廃枝を廃棄する、組に分かれ作業開始。 造園業の富さんが途中から参加、梢の切り詰めや大枝の切り落としを指示されると一気に作業が進んだ。
 A地区北斜面のオオヤマザクラは日陰のせいで以前から生育が遅く元気がない。 富さんの指導で、この桜については葉の茂る雨期に根回しし、落葉後日向に移植することになった。 樹高は7m程度だが樹齢は古いので根はかなり張っていそうだ。 大変だが遣り甲斐のある作業になりそうで楽しみだ。 今日のところは隣接のサワラの枝打ちをしておいた。

 日曜日14日は春のイベントがある、子どもが森を走り回るので危険の無いよう全員で後片付けをして終了した。

2019/03/28(木) B地区園路改修、転がり止め杭作り

投稿日: 更新日:

 定例活動&ニュースレター発送  天候 晴//曇  参加者 12名
 花冷えっていうのかなぁ、前回ほどでもないが今朝も寒い。
22森も南側隣地のサクラの花が咲き始め、林床の草の葉の緑も一段と鮮やかになって、たった数日で森の景色は一気に春めいて来た。 植樹したヒメコブシも里桜も今年は順々に咲き初めて、今は例年通りコブシが満開、まだ冬枯れの森に、枝一杯の紅い花序が垂れ下がるアカシデと、展葉が早いのかイロハモミジの緑の若葉と赤い花が目立った。
 今日は前回に引き続いてB地区園路の改修作業に掛かる。 腐敗してボロボロになった園路の仕切り材を取り除き廃棄する。新たな用材を調達し園路に配置する。小杭を作成する。小杭を打ち込み材を固定する。 それぞれの組に分かれて作業を進め、杭作成と杭打ち作業はまだ残るがだいぶ改修が進んだ。
今年も鈴木さんが2ℓペットボトルでスズメバチのトラップを作ってきてくれた。誘引液の調合や入口の形状を変えたり、設置も日影になる場所がいいとか、常に改良を加えている。 2ヶ所設置して頂いた、成果に期待したい。
女性陣は、南境界付近に繁茂し改修した粗朶垣の隙間に侵入し始めていた主にヤエムグラ、ウシハコベの草刈りも実施した。
もう草刈りの時期が始まりだ、草の育つ前にササ刈りから始めなければならないが、オオアマナが今年はB地区でもあちこちに浸出し群生が目立っている。
今年の草刈りもササ、オオアマナ退治から始まるのか。
 

2019/03/23(土) 冬戻りの寒さの中、B地区園路整備

投稿日: 更新日:

  定例活動  天候: 曇  参加者:10名
サクラの公式開花は21日(木)だったようだ。 気温20℃超えの初夏のを思わせる好天が続き、陽射しを受けて動くと汗ばむほどの日が続いた。 今日は一転冬に逆戻り、自転車のハンドルを握る手が凍えるようだった。 厚い雲が垂れ込め、気温は10℃を切り、時おり風に舞ったような雨粒が落ちてくる。 真冬なら凌ぎ易いコンディションだが、暖かさに慣れかかってきた身には堪える寒さだ。
 今日は、まず前回C地区常緑樹の剪定で仮置きしてあった利用材を撤去し、B地区北、落ち葉溜め予定地と、南、粗朶垣付近に移動した。
 C地区南の落ち葉溜めは、昨年詰め込んだ穴の上に、今季の落ち葉が山のように積みあがりカブトムシ幼虫の生息確認をできなかったので、リヤカー5杯分を東の落ち葉溜めに移動し確認したところ、穴の縁、腐りかかった葉のすぐ下の腐葉土の中に幼虫を数匹見つけることができた。 落ち葉を薄く載せて平らかにして「生き物さがし」が終わるまでそのままにして置くことにした。

 鋸組は手薄だったので今日の選定作業は中止、代りに女性陣も加わり小山の様に積まれた利用材をフェンス際に片付けながら、太い材から、園路仕切り用、柱杭用、短杭に切り分けた。
その後女性陣を中心に、園路を見て廻り腐敗した仕切り材を取り除き、B地区南の枯損木溜め(ビオトープ)に搬送する組と、新たな仕切り材を置き短杭で固定する組に分かれて、園路の改修整備を進めた。
 2時過ぎ、今日は都立農高神代農場の開放日だったので「カタクリ」の探索に行くことになり作業を終了した。
谷戸地形の演習場の北斜面にカタクリの群生集落が整備されている。 例年この時期になると入場させて頂いているが、いつもはサクラも最盛期だった。 早過ぎないかと思われたが、開花した株をところどころに見ることが出来た。 しかしこの寒さ、さすがにみな花を閉じ俯いていた、残念。
 2年前あか道に出現したムラサキケマン、今年も株を増やして咲きました。 またA地区東斜面のウバユリが今年も葉を広げました。

2019/03/17(日) 常緑樹4本剪定、ホタルブクロ移殖壇整備

投稿日: 更新日:

   定例会& 定例活動  天候 晴   参加者 25名+見学応援2名
 昨日来、天気は西から下り坂、今日も午後は荒れ模様の予報だった。  定例会後の作業は出来ないかも知れない、そんな積もりでいたが天気も崩れず、参加者が多かったこともあって4本の常緑樹の剪定や枝降ろしが進んだ。
 午前中の定例会で、恒例の春のイベント「カブトムシ幼虫観察会」について、今回は趣きを変えて「春の生き物さがし」とし、春を迎えた森で生き物がどんな生き方をしているか子供達に観察してもらおうという事になった。
カブトムシ幼虫探しはメインではないが、やはり子どもにとっては魅力のメニュー、開催側がその生息状況も分からないでは話しにならないので、昼一番で幼虫の居そうな落ち葉溜まりを試しに掘り返してみた。 計画的に生息環境を養生してきた場所ではないので空振りも結構あった、その代り見つかると「オー、居たよぉー」まるで宝くじにでも当たったように、いい歳して興奮した。 ゾロゾロ出てくるよりこの方が子供も感激するだろう、1ヶ月経てば虫も花も種類が増え活発になる、これなら「生き物さがし」いけるかも知れない。

 北側バス通り際の常緑帯では、すでに作業が始まっていた。 こんもり茂ったスダジイの幹に梯子を差し込み、少し小さなスダジイでは脚立や高枝鋏で、今日も駆けつけてくれた造園業の富さんの指示のもと剪定作業が進んだ。 大量に切り落される枝葉は手際よく利用材が取り分けられ、廃棄場へ搬出された。

 また、バス通り側に、はみ出した枝が電線と干渉しそうだったムクノキについては、公園に撤去を依頼してあるが実施目途が立たないので、取り敢えず高枝伐り鋸を使って干渉しそうな枝のみ切り落すことにして、通行者に十分注意しながら処理を実行した。
 これで北側常緑帯の主に東寄りの8本の剪定が終った。西寄りと比べると随分と明るくなった、まだ半分以上未実施が残っているが時期的に難しくなってきた。

 剪定枝の搬出作業の一方、西調布からの桜移植の際譲り受けた「ホタルブクロ」の移植花壇(ヤマグワの大樹の傍)の囲いが崩れ荒廃していたが、女性陣が除草し整備し直してくれた。 今年も薄紅色の花をいっぱい咲かせてくれるだろう。